FX初心者のためのFX入門サイト。主婦・学生だって稼ぐことができます。FXのやり方をわかりやすく解説!

FXのしくみ

Point.1
FXのしくみ
FXを実際に始める前には基本的なルールを押さえておく必要があります。
その仕組みをしっかりと理解した上で、安全で有効な資産運用を行えると考えてください。
実際、これからお話するシステム自体は、皆さんの資産を様々な状況から守るためにあるものです。
為替の変動は時として、世界中の誰もが予想し得ないような場合もあります。
FXを行う際は、このような基本的なことを把握して、FX業者の選択、実際のFXの取引を行ってください。
Point.2
必要保証金
必要保証金とは、ポジションを建てる際に最低限必要になる保証金額のことで、
「取引額÷レバレッジ」で算出します。
たとえば、「米ドル/円」通貨ペアで、1ドル120円の時に1万ドルをレバレッジ10倍で買い建てたとします。
取引額は、
10,000ドル × 120円 = 120万円
必要保証金は、
120万円 ÷ 10 = 12万円
ということになります。
ただし、これとは別に各FX取扱会社ごとに最低限入金しなければならない額(最低取引保証金)が定められているので、たとえ計算上は必要保証金を満たしていても取引が開始できない場合もあります。
Point.3
ストップロス
ストップロスとは、皆さんが「逆指値注文」を使って、
あらかじめ決めたレートで反対売買して損失の拡大を防ぐものです。
保証金維持率はだいたい20%から50%くらいですが、
FX取扱会社ごと、あるいはレバレッジの大きさによって異なります。
ほぼすべての取扱会社がストップロス制度を導入しています。
ストップロスは預け入れた保証金額以上の損失を防ぐシステムです。
ただし、高レバレッジの時に為替の急激な変動が起きると、
保証金以上の損失が出てしまう場合もあります。
Point.4
強制ロスカット
これに対して強制ロスカットは、皆さんの資産を守るための大切なしくみですが、
ロスカットラインを超えて強制ロスカットになった直後に外国為替レートが戻ることもあります。
強制ロスカットを避けるためには、
取引規模(ポジション)を調整したり追加預託金を入れて担保余力に余裕を持たせる必要があります。
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社