FX初心者のためのFX入門サイト。主婦・学生だって稼ぐことができます。FXのやり方をわかりやすく解説!

FXを知るための2大要素

Point.1
少ない資金でも始められる!!その秘密はレバレッジにある!
FXという為替取引の仕組みを理解する上で、これだけは抑えておきたいポイントというものがあります。
それを順をおって説明していきます。
FXは少ない資金で始められる、なぜならレバレッジというものがあるからというお話は、
「FXをはじめよう」のページで触れましたが、より細かく説明していきます。
FXの基礎は、「安く通貨を買い、その通貨の価値が高まった時に売る!」でしたね。
しかし、よほどのことが起きない限り信じられないような値動きはしないわけです。
このように値動きが単調であるということは、稼ぎも少ないということになります。
例えば、1$を100円で買い、102円で売ったら、2円の儲けになります。
仮にこの時100㌦を買って、売っていたら儲けは200円になります。
しかし、たかが200円ですよね。
2,000円も大事なお金には間違いありあませんが、
1,000㌦買うためには、10万円のお金を用意しなければなりません。
これではどうしったって稼ぎにはなりません。
そこで役に立つシステムが、レバレッジというわけです。
レバレッジは皆さんが持っている資金を数倍に増やすスプリングのような役割をするのです。
仮に皆さんが、今回の投資に用意できるのが10万だったのならレバレッジ10とすれば、
10万×10=100万ということになります。
このようにレバレッジを使うことによって少額の資金でも大きな勝負を仕掛けることが可能となるのです。
しかし、ものごとにはメリットもあれば、必ずデメリットもあり、
ハイリターンがあるのならハイリスクもまたあるのです。
もしあなたが資金100万円を用意し、レバレッジを10倍掛けていたとします。
そして1$=100円の時に10万㌦買ったとします。
しかしその後運が悪い事に1$=90円に下がってしまいました。
1$辺り10円の損をしているとなると100万円分の損となり、ここでゲームオーバーとなるわけです。
要するに大きな勝負にでるということは、それなりの決心・覚悟を要するということです。
レバレッジはなくてはならないシステムですが、
使用する際には、それなりの勝算のある時にするのがいいでしょう。
さてそれでは、どのくらいのレバレッジが妥当なのかですが、
これには絶対に正しいといえる答えはないでしょう。
しかし先ほどの例からも見て取れるように大きなレバレッジを掛けるということは、
小さな値動きでも大きな損・得を発生させるわけです。
ということは、レートが単調な動きしかしない場合には、少な目のレバレッジを、
レートが大きな動きをする場合には、大きめのレバレッジを掛けるのが安全策と思われます。
このようにすればもし万、予想外の状況になってもリスクヘッジできるというわけです。
具体的には慣れてない初心者の方は10倍までに留めておいたほうが無難でしょう。
Point.2
世界の金利は高い。スワップを狙え!
スワップとは取引する2国間の金利差調整額のことを言います。
日本の金利は目が眩むような超低金利ですよね。
これは銀行なんかの金利を見ていただければ一目瞭然です。
しかし世界には良心的な金利のつく国はいくらでもあります。
その金利差を調整する額のことをスワップと言います。
例えば、現在、超低金利である日本円を活用して、
マーケットFXで取り扱う米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンドを対象にすると...
円売り・他通貨買い ⇒ スワップポイント受取り
他通貨売り・円買い ⇒ スワップポイント支払い
ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、
また金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。
しかし初心者の場合、ほとんどの方が円で外貨を買うという手法でFXを始めると思います。
また日々刻々と変動する相場を常時監視していられないという人も多いでしょう。
そういった方には単にレートの上下によって稼ぐという短期投資型だけではなく、
スワップを利用した長期型の投資戦術にも目を向けてみるといいでしょう。
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社