FX初心者のためのFX入門サイト。主婦・学生だって稼ぐことができます。FXのやり方をわかりやすく解説!

レバレッジ

Point.1
レバレッジ
FXで勝利するために、またFXを楽しむ上で欠かせないもの。それがレバレッジです。
レバレッジこそFXの最大の魅力であると言えるでしょう。
レバレッジは、
自分の運用資金の数倍~数百倍の資金を実際の持っていると仮定しての取引が可能になります。
たとえば、10万の運用資金しかもっていなくてもレバレッジを10倍かけることによって、
あなたの運用資金は100万円と同様となるのです。
これは株式投資と逆の発想でしょう。
株にはミニ株・マメ株等の名称で実際には買えない株式を何分割することによって買えるようにするという証券会社が用意したシステムがあります。
しかしこれはあくまで絶対安定株の株主にとりあえずなったに過ぎなく、
実際には株主としての権利や配当はかなり限られたものになります。
しかしFXにおけるレバレッジは違います。
実際に持っていないお金でも資金を証拠金としてレバレッジで相場の中で自分がうごかすというシステムなので、それによって得られるキャピタルゲインなどの利益はそっくりそのまま自分のものになります。
これによって今まで資金調達に苦労していたために投資は無理と考えていた人が、
投資可能となったのです。
実際にはたとえばFXの口座に10万円ある人ならレバレッジ50倍をかけることにより、
500万円の運用資金ができるということになります。
簡単に考えてみれば、10万の金で儲けられる利益の50倍が手に入るということになります。
またレバレッジの利点はそれだけに過ぎません。
レバレッジはかけた分だけ、スワップ金利が大きくなります。
ドル円のスワップ金利が4%だった場合、
レバレッジ50倍で1年ポジションを維持できたと仮にしたなら200%の金利が手に入るのです。
我が目を疑うような金利です。
確かに年間とおして高レバレッジをかけ続け、ロスカットをうけないというのは無理な話です。
しかし数日なら十分に可能です。
安い時に大量に取得して、高くなったら即効売る。
挙句の果てにスワップもいただくという儲けを一網打尽にできるツール、
それがレバレッジです。
しかしものにはメリットがあればデメリットがあります。レバレッジにもそれは同様です。
レバレッジのデメリットは外れたときのカウンターパンチです。
要するにレバレッジを高くかけることによって、自分の予測しなかった相場変動が起きると、
降りかかってくる損害がレバレッジの高さに比例して拡大する
のです。
どんなゲームでもそうですが、
攻撃をしながらも防御についてしっかりプランをたてておくというのが重要です。
皆さんもレバレッジというターボチャージャーだけでなく、
しっかりした安全性を確保してFXを楽しみましょう。
GMOクリック証券のFX取引は取引手数料0円、
スプレッド0.4銭(米ドル/円)、でご提供しております。
インヴァスト証券「くりっく365」
「くりっく365」預かり資産 4年連続 No.1
ページトップへ
口座開設ランキング1位GMOクリック証券株式会社